『文武両道』-四字熟語-壁紙/画像


文武両道 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

文武両道 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】ぶんぶりょうどう

【意味】学問と武道のこと。または、学問と武道の両方にすぐれた能力があること。

文武両道をLINEで送る

文武両道

文武両道(ぶんぶりょうどう)とは、文事と武事、学芸と武芸、その両道に努め、秀でていることを指す語。
求道的な評価にも用いられる語である。
転じて、現代では勉学と運動(スポーツ)の両面に秀でた人物に対しても用いられる。
『平家物語』には、「あっぱれ、文武二道の達者かな」とあり、文武二道(文武一道とは異なる)という語がある。
この語は、近世においても用いられている(朋誠堂喜三二著『文武二道万石通』など)。
『史記』の記述 「文事ある者は必ず武備あり」という言葉が『史記』には記されている。
文武は一方に偏ってはならないという意味である。
いつ頃日本に伝来したかは不明だが、文武という語自体は、日本でも古代から用いられている。
(文武天皇など) また、「入りては相、出でては将」と言う言葉も儒教には存在する。
中世における文武社会 中世における文武の文とは、和歌や書といったものを意味していることが多く、必ずしも学問に限ったものではなかった。

文武両道-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  2. 切磋琢磨(せっさたくま)
  3. 烏焉魯魚(うえんろぎょ)
  4. 隔岸観火(かくがんかんか)
  5. 相乗効果(そうじょうこうか)
  6. 耽美主義(たんびしゅぎ)
  7. 欣求浄土(ごんぐじょうど)
  8. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  9. 試行錯誤(しこうさくご)
  10. 天地無用(てんちむよう)
  11. 而今而後(じこんじご)
  12. 鬼瞰之禍(きかんのわざわい)
  13. 群軽折軸(ぐんけいせつじく)
  14. 朝令暮改(ちょうれいぼかい)
  15. 只管打坐(しかんたざ)
  16. 版籍奉還(はんせきほうかん)
  17. 発揚蹈厲(はつようとうれい)
  18. 因果応報(いんがおうほう)
  19. 自給自足(じきゅうじそく)
  20. 内平外成(ないへいがいせい)