『仏足石歌』-四字熟語-壁紙/画像


仏足石歌 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

仏足石歌 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「仏足石歌(ぶっそくせきか)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

【読み】ぶっそくせきか

【意味】古代和歌の歌体の一つで,5・7・5・7・7・7の6句38拍からなる形式。

仏足石歌をLINEで送る

仏足石歌

仏足石歌(ぶっそくせきか)は、仏足石(仏足跡)の歌とも呼び、薬師寺の仏足跡歌碑に刻まれた21首の歌、およびそれと同じ歌体を持つ和歌を言う。
薬師寺の仏足石歌 奈良薬師寺には、仏足石とともに仏足跡歌碑があり、「恭仏跡」(仏徳を賛えたもの)17首、「呵責生死」(世の無常の道理を説いて仏道を勧めるもの)4首の仏教歌謡が、一字一音の万葉仮名で刻まれている。
仏足石は天武天皇の孫・文屋智努(文室浄三、智努王)が753年(天平勝宝5年)亡き夫人(または母ともいわれる)の追善のために作ったもので、仏足石歌もこの頃作られたと見られている。
仏足石歌の作者は明らかでない。
仏足石歌の歌体はすべて五・七・五・七・七・七の6句からなり、6句目はその前の5句目を言い換えたものが多く、この歌体は結句を繰り返して歌う上代歌謡に起源をもつといわれている。
6句目はそれまでの文字よりも小さく刻まれている。
仏足石歌体 仏足石歌と同じ五・七・五・七・七・七からなる和歌の形式は、仏足石歌体と呼ばれている。

仏足石歌体

『仏足石歌』より : 仏足石歌(ぶっそくせきか)は、仏足石(仏足跡)の歌とも呼び、薬師寺の仏足跡歌碑に刻まれた21首の歌、およびそれと同じ歌体を持つ和歌を言う。
薬師寺の仏足石歌 奈良薬師寺には、仏足石とともに仏足跡歌碑があり、「恭仏跡」(仏徳を賛えたもの)17首、「呵責生死」(世の無常の道理を説いて仏道を勧めるもの)4首の仏教歌謡が、一字一音の万葉仮名で刻まれている。
仏足石は天武天皇の孫・文屋智努(文室浄三、智努王)が753年(天平勝宝5年)亡き夫人(または母ともいわれる)の追善のために作ったもので、仏足石歌もこの頃作られたと見られている。
仏足石歌の作者は明らかでない。
仏足石歌の歌体はすべて五・七・五・七・七・七の6句からなり、6句目はその前の5句目を言い換えたものが多く、この歌体は結句を繰り返して歌う上代歌謡に起源をもつといわれている。
6句目はそれまでの文字よりも小さく刻まれている。
仏足石歌体 仏足石歌と同じ五・七・五・七・七・七からなる和歌の形式は、仏足石歌体と呼ばれている。

仏足石歌-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 一切皆苦(いっさいかいく)
  2. 杜撰脱漏(ずさんだつろう)
  3. 屠所之羊(としょのひつじ)
  4. 一日片時(いちじつへんじ)
  5. 車魚之嘆(しゃぎょのなげき)
  6. 横草之功(おうそうのこう)
  7. 年頭月尾(ねんとうげつび)
  8. 淫祠邪教(いんしじゃきょう)
  9. 四夷八蛮(しいはちばん)
  10. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  11. 独立自尊(どくりつじそん)
  12. 風林火山(ふうりんかざん)
  13. 猪突猛進(ちょとつもうしん)
  14. 露館播遷(ろかんはせん)
  15. 血脈相承(けちみゃくそうじょう)
  16. 百花繚乱(ひゃっかりょうらん)
  17. 三権分立(さんけんぶんりつ)
  18. 輪廻転生(りんねてんしょう)
  19. 四面楚歌(しめんそか)
  20. 欣求浄土(ごんぐじょうど)